10842054_1563851163902566_2593600559157975115_o

「東京タイポツーリズム──Tokyo Typo-Tourism」の記録展

2015年4月20日(月)〜5月6日(水)11:00〜18:00

/////////////////////////////////////////////////////// small EXHIBITION


「東京タイポツーリズム──Tokyo Typo-Tourism」の記録を展示します。


2015年4月20日(月)〜5月6日(水)11:00〜18:00


場所: Earth & Salt 


—————–


第二回オスロ国立芸術アカデミー(Oslo National Academy of the Arts)と藝大ワークショップ記録展


参加者:16人オスロ芸術アカデミーの学部生と院生混合チーム。藝大からは大学院生 理論企画研と視覚伝達研のM1、10人


—————–


[Curriculum]現代の通常の日本語には、かな、かたかな、漢字、アルファベットの4種の文字が混じっている。


江戸時代以前は現代とは違う文字の書き方をしていてほとんどの現代日本人は江戸時代以前の文字が読めない。


そうした日本語のカオスの状況は実はクリエイターにとって魅力的なことである。


ヨーロッパの人びと──特にデザイナーやアーティストに、日本語の文字の魅力を伝え、


東京に来たいな、観光したいという思いにさせるグラフィックを作ること。


5つの班に分けて東京をリサーチして2日間で作品を制作する。