Print

CUTUP

2016年7月15日(金)〜 2016年7月20日(金)11:00 〜 18:00

///////////////////////////////////////////////////////////////// EXHIBITION

 

CUTUP / 服部公太郎 / KIMITARO HATTORI  個展

 

2016年7月15日(金)→ 7月20日(水)11:00 → 18:00 

 

場所:Earth & Salt

 


 

—————–

 

展覧会タイトル

CUTUP

辞書では、(…)分割する、切り刻む、(…)細かく切断する、壊滅させる、

(…)さんざんにこきおろす、ひどく悲しませる、気を悪くさせる。

等の意味を持ちます。

 

また美術用語では「CUTUP」は、

 

「切り刻むこと」。シミュレーショニズムの代表的な技法のひとつで、

単一の作品の中に複数の要素を混在させ、イメージの異化効果を産もうとする。シ

ュルレアリスムやポップ・アートにおけるコラージュに相当する技法だが、

カット・アップの場合は、シミュレーショニズムの背景でもある

高度資本主義のスピード感を反映して、その表現にはより多くの偶然性が介入し、

多くの場合その効果は当の作者をも裏切る効果をもつ。

もともとはB・ガイスンが開発した文学上の技法だが、

W・バロウズの文学と美術とをまたがる活動によって、カット・アップが

造形表現にももたらされることになった。

http://artscape.jp/dictionary/modern/1198294_1637.html(参照)

 

とあります。

 

今回の展覧会はこの言葉をコンセプトに置き、写真及び、ペインティングの

新しい可能性をさぐりたいと思います。(服部公太郎)

 

—————– profile


 

1977 岐阜県生まれ

2001 東京芸術大学美術学部卒業

2002 ベネトン[FABRICA イタリア]に留学

2005 東京芸術大学美術学部大学院修了

 

PRIZE

1999 アーバナート#8 審査員特別賞

2000 写真新世紀展 佳作

2003 GEISAI6 審査員賞

2007 『ひとつぼ展』 グランプリ

2011   [RED DOT DESIGN AWARD] Best of the best

2014   ADFEST グランプリ

2014   CANNES LION ブロンズ

 

—————–