10641290_1010230059003918_2164501532398164509_n

zazi × 大谷有紀 展覧会「アオ」

2014/11/21~11/24

zazi × 大谷有紀 展覧会「アオ」

— 服づくりからドローイングまですべて、青の世界。

会場:Earth &Salt 

住所:東京都渋谷区広尾2-2-18 

会期:2014年11月21日(金)- 11月24日(月・祝) 11:00 – 18:00(最終日17:00まで)

会期中無休 入場無料

https://www.facebook.com/events/574827009284134/

—————–

日々の出来事を絵と刺し子で記録し、服を作るzazi と、デザイナーとして活動しながら、自身の服ブランド「Ki Noe」での活動も続ける大谷有紀。本展では、Ki Noe の反物とzazi の刺し子によるコラボウェアやポスター、両名のドローイングを展示します。スペシャルなコラボ商品も企画中です。(洋服は販売未定)

 

//////////////////////////////////////////////////////////////// EVENT

アオいBAR
11月23日(日) 19:30 〜 22:00 (L.O.21:30)
Entrance : Free (1DRINK ご注文をお願いいたします)
BEAMS クリエイティブ・ディレクターの青野賢一さんをお迎えして、Eart &Salt カフェスペースに一夜限りのバーがオープン。

//////////////////////////////////////////////////////////////// VOICE & PROFILE

—————–zazi voice 
「大谷有紀さんのドローイングは潔くて、見る人を試すような線。
彼女自身もとても不思議な魅力と吸引力を持っており、
私は緊張の青の中に立ちつくしながら、絵を描き、ドレスを作りました。
色を縛ったこと、そして『大谷有紀』という特別な存在により
いつもとはまた違う新鮮な感覚で制作に取り組むことができました。
言葉を交わすように絵を描き合って、
理屈をこえて関わり合えたことがうれしいです。
2 人の青いやりとりをお楽しみ頂ければ幸いです。」(zazi)

—————–Yuki Otani voice 
「自分の感覚が鈍らないために、わたしは作品をつくります。
パソコンばかりのしごとをしているうちにわたしはセンスが鈍る気がして。
そんなときにzazi さんのドローイングと刺し子でできた
アート作品のような洋服と出会いました。
なにか一緒にやりたい、すぐに思い立って彼女に出会って
‘アオ’ の展示に至るまではものすごく早いスピードで進んでいきました。
お互いの持ち味を生かした新しいものが生まれることを期待していま
す。」(大谷有紀)

—————–profile

zazi
http://coerico.web.fc2.com/
1988年東京生まれ。武蔵野美術大学卒業。
2011年、刺し子とドローイングによる自身の服ブランド”zazi”をスタート。
平行してインスタレーションやzine制作など、ドローイングを主軸とした活動も行う。
主な展示に「スプリング ハズ カムカム」(Lamp Harajuku WINDOW DISPLAY/2014)「フーフー」(Black Bird White Bird/2013)などがある。

—-

大谷有紀(おおたに・ゆき)
http://www.2e-prodotti.com/  http://yukiootani.tumblr.com/
1981年福井県生まれ。
東京藝術大学にてデザインを学び、2007年修士課程修了。在学中よりデザインユニット2e として活動。
2010年に自身の服ブランド「Ki Noe」をスタート。
現在、資生堂宣伝・デザイン部に在籍。2013 年より武蔵野美術大学非常勤講師。
自身が編集長兼アートディレクターとして雑誌「VACANCES」を発行。(2月・6月・10月の年3回発行)
主な展示に「大谷有紀 志村信裕 わたしたちにだって言いぶんがある。3」(NADiff gallery/2013)、個展「終わりなきバカンス あなたにしか見せない顔 」(SFT GALLERY/2013)、著書に『ペーパー・シンドローム』(ピエ・ブックス/2010 )などがある。