ブリーチ剤の使用上の注意

ご使用の際は必ず最後までよく読んで、正しくお使いください

こちらはもう読まれましたか?↓
使用方法(各ブリーチ剤共通)
ブリーチ剤を使うにあたり「してはいけないこと」

【重要事項】

◆次の方は使用しないでください◆

①今までに本品(ブリーチ剤)またはカラーリング剤等でかぶれたことのある方

②頭皮あるいは皮膚が過敏な状態になっている方(病中、病後の回復期、生理時、妊娠中等)

③頭、顔、首筋に、はれもの、傷、皮膚病がある方

④腎病、血液疾患等の既往症がある方

⑤過硫酸塩配合の脱色剤で、かぶれ、じんま疹(かゆみ、発疹、発赤)あるいは気分の悪さ(息苦しさ、めまい等)を経験したことのある方

◆使用前のこ注意◆

①頭以外には使用しないでくたさい。本品は頭用の製品です。

②眉毛、まつ毛に使用しないでください。薬液が目に入るおそれがあります。

③顔そり直後は使用しないでください。皮膚が細がく傷ついているおそれがあり、刺激等を受けやすくなります。

④使用の前後1週間はパーマをかけないでください。髪の毛を傷めることがあります。

◆使用時のこ注意◆

①薬液は使用直前に混合し、直ちに使用してください。

②換気のよいところで使用してください。

③必す適切な手袋を着用してくたさい。

④使用中に入浴したり、使用する前に愛をめらしたりしないでください。汗やしずく等で薬液が目に入るおそれがあります。

⑤薬液が顔、首筋等につかないようにしてください。薬液がついたときは、直ちに水で洗い落としてください。

⑥薬液や洗髪時の洗い液が目に入らないようにしてください。目に入ると激しい痛みを生じたり、場合によっては目が損傷(角膜の炎症等)を受けたりすることがあります。万ー、目に入ったときは絶対にこすらないで、直ちに水またはぬるま湯で15分以上よく洗い流し、すぐに眼科医の診療を受けてください。

⑦使用後に何らかの異常を感じた場合には、必ず医師の診療を受けてください。

◆取扱上のこ注意◆

①混合した薬液の残りは効果がなくなります。必ず洗い流して捨ててください。

②混合した薬液は保存しないでください。ガスが発生して容器が破裂するおそれがあり危険です。

◆保管上のこ注意◆

①幼小児の手の届かない所に保管してください。誤って飲んだり食べたりすると危険です。

②高温や湿度の高いところ、直射日光をさけて保管してください。

◆他に守って頂きたいこと◆

①使用中に発疹、発赤、はれ、かゆみ、強い刺激などの皮膚の異常やじんま疹、息苦しさ、めまいなどの症状が現れた場合には、ただちに薬剤をよく洗い流しすぐに医師の診療を受けてください。

②幼小児には使用しないでください。

③薬剤が衣服、床、じゅうたん、壁などに付着すると脱色されますので、充分ご注意ください。

④高温や直射日光を避けて保管してください。高温になった製品をそのままご使用になりますと、使用時に過剰に発熱したり、発泡したりするおそれがあります。

使用方法に戻る

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。