フライパンは英語で「frying pan」?英語なのか和製英語なのか分からない言葉を調査

フライパン 英語

日本には英語なのか和製英語なのか分からない言葉いっぱいあります。

例えば「フライパン」

フライパン

フライパンは英語では「frying pan」となります!よく間違えるのは「cooking pan」料理をすることから勘違いする人、「フライパン」は日本語だから…と深読みして「cooking」と考えるのもわかります…

「フライパン」は1つの言葉ではなく、「frying」と「pan」という2つの言葉からなっています!

「fry」というのは「油で揚げる」という意味の動詞です。

「pan」といのは「鍋」です

fry→frying「油で揚げる」が動名詞になることで、後ろの名詞が分類を表すようになる。つまり、直訳すると「鍋」の中でも「油で揚げる」という分類のものということになります!

実際英語で使う場合は、「a fry pan」略されて使う場合は「a pan」って結局略しちゃうことが多いみたいですね!

このようなカタカナ英語が日本にはたくさんあります。英語が苦手な私ですが、海外に行ったときに恥をかかないように勉強しつつここで共有しておきたいと思います!

和製英語50選

和製英語

【アルバイト】 a prt time job パートタイムジョブ

【オートバイ】 a motorcycle モーターサイクル

【カーナビ】 a car navigation system カーナビゲーションシステム

【ガソリンスタンド】 a gas station ガスステーション

【ガムテープ】 packaging tape パッキングテープ

【キッチンペーパー】 paper towel ペイパータオル

【グラウンド】 playground プレイグラウンド

【クレーム】 a complaint コンプレイント

【コインランドリー】 a laundromat ラウンドロマット

【ゴールデンタイム】 prime time プライムタイム

【コック】 a chef シェフ

【ゴム】 rubber ラバー

【コンセント】 an outlet アウトレット

【コンロ】 a stove ストーブ

【サラリーマン】 an office worker オフィスワーカー

【ジャージ】 tracksuit トラックスーツ

【シュークリーム】 a cream puff クリームパフ

【ストーブ】 a heater ヒーター

【ソフトクリーム】 soft ice cream ソフトアイスクリーム

【タッパ】 plastic container プラスチック コンテナ

【ダンボール】 cardboard カードボード

【テイクアウト】 to go トゥーゴー

【テレビゲーム】 a video game ビデオゲーム

【ノートパソコン】 a laptop ラップトップ

【パーカー】 a hoodie ホーディ

【パソコン】 a PC ピーシー

【バックミラー】 a rearview mirror リアビューミラー

【パン】 bread ブレッド

【ピーマン】 a green pepper グリーンペッパー

【フライドポテト】 french fries フレンチフライズ

【プリン】 pudding プディング

【ペットボトル】 a plastic bottle プラスチックボトル

【ベビーカー】 a stroller ストローラー

【ホームページ】 a website ウェブサイト

【ボールペン】 a ballpoint pen ボールポイントペン

【ホッチキス】 a stapler ステイプラー

【ホットケーキ】 a pancake パンケイク

【マイナスイオン】 negative ion ネガティブイオン

【マイペース】 at my own pace マイ オウン ペース

【マニキュア】 nail polish ネイルポリッシュ

【マンション】 condominium コンドミニアム

【ミルクティー】 tea with milk ティー ウィズ ミルク

【メリット】 advantage アドバンテージ

【リサイクルショップ】 a secondhand store セカンドハンド ストア

【リュックサック】 a backpack バックパック

【リンス】 conditioner コンディショナー

【レンガ】 a brick ブリック

【レンジ】 the microwave マイクロウェーブ

【ワイシャツ】 a dress shirt ドレスシャツ

【ワンピース】 a dress ドレスシャツ

まとめ

フライパン 英語

50個の和製英語をご紹介しましたが、実際和製英語だったりカタカナ英語といった言葉がこの日本には数多く存在します。実際に海外に行っていくら言っても通じない!って経験されたことある方も多いはず。

言葉って難しいですね…

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です