【カフェ部門】顧客満足度ランキング堂々の第1位!【ドトール】が支持されるワケ

ドトール

アース
アース
ドトールは【愛煙家の憩いの場】というイメージがあった。今はその面影はなくなった。

進化するドトール

最近のドトールの進化で印象的なのは「白ドトール」ですね!

白ドトール

 

「白ドトール」は看板含め、店内も白を基調としたデザインになっています!

“究極の白ドトール”と言われるのが「ドトール赤坂一丁目店

GUCCIの店舗と同じデザイナーが手掛けたお店で、高い天井と、壁面の緑が印象的であり、今までのタバコが吸えるカフェのイメージとは全く逆の雰囲気だ!

ドトール赤坂1丁目店

 

店内にはおじさんだけでなく、むしろ若い女性の姿のほうが多く見られ、おしゃれなイメージがアップしています。

スターバックスを抜かして顧客満足度第1位に返り咲きのドトール

2019年に実施された日本版顧客満足度指数(JCSI)調査で、ドトールは顧客満足度1位になった!

この顧客満足度調査は、【カフェ・ベローチェ】【コメダ珈琲店】【サンマルクカフェ】【スターバックス】【タリーズコーヒー】【ドトールコーヒー】【ミスタードーナツ】の7つのカフェブランドを対象に実施されているものです。
カフェ業界の世界的王様「スターバックスコーヒー」を抜いて、なんと!ドトールが顧客満足度第1位になった!このニュースは業界のみならず、各メディアでも報告され、話題になりました!

顧客満足度スコア推移

※公益財団法人日本生産性本部資料引用

アース
アース
ドトールは一体どんなところがみんなにうけているのか?
それは、ニーズに合わせた進化をしようとする改革にあったようです!

ドトールのここが強い!

優れた商品開発力

ドトールは商品開発力が強い!

注文を受けた量だけを自社工場で丁寧に焙煎、そして店舗に運ぶことで、常に新鮮な状態が保たれたコーヒー豆の提供を可能としています。

本場ドイツの職人のアドバイスのもと、味と食感、製法に徹底してこだわった【ジャーマンドック】

ジャーマンドック

本格的な香りが楽しめるブレンドコーヒー(S)の価格はなんと!1杯約220円!

ブレンドコーヒー

大人気ベストセラー商品【ミラノサンド】1993年の登場から20年以上も愛され続けているロングセラー

ミラノサンド

去年の夏に発売された【タピオカドリンク】

タピオカ

空前のタピオカブームにのっかって発売された2種類のタピオカドリンクは、ドトールの商品としては破格の450円。それでも「本格的で美味しい!」とSNSで話題。

さらに冬には【温タピ】も

温タピ

アース
アース
長期間愛されるロングセラー商品のみならず、時代やトレンドの変化に柔軟かつスピーディーに対応できる商品開発力がドトールの強みなのかもしれない

2.がんばる人の、がんばらない時間

おしゃれな人や意識高い系の人が集うスターバックス。入るのにドレスコードでもあるかのような雰囲気。

それに対し、ドトールのハードルは断然低い。低いというと悪い表現に聞こえるがここではプラスの表現だ!

2011年に発表されたキャッチコピー「頑張る人の頑張らない時間」がまさにそれだ。仕事にプライベートに頑張っている人が、ホッと一息つき、自分らしく過ごせる時間。そんな時間をドトールでは過ごすことができる。

 

3.意識高い系じゃなくていい!

スターバックスのブランドターゲットは?「意識高い系」そんなイメージがすぐに出てくるだろう。

意識高い系

ではドトールは?

以前は愛煙家の憩いの場として立場を確立しつつ、しっかり分煙化も進みどんな方でも気軽に利用できる、そんな庶民のカフェという立場であった。

2020年4月からの飲食店での完全禁煙化によってその立場が薄まったがそれは国の政策の為なので仕方がないことですが、そんな中でも客足は絶えない。数年前からの完璧な分煙化をすすめていたのが功を奏したのではないかと考える。

以前までのヘビーユーザーである愛煙家たちを失ったのは今後の痛手かもしれないが、これまで幾度となく変化を遂げてきた日本を代表するカフェであるドトールの今後にはかなり注目したい!

まとめ

アース
アース
今回はドトールをクローズアップして書かせていただきました。
いろんな種類がある中で、王道ともいわれる存在かもしれませんが、その王道たる所以がここにあると思います。

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です