メルカリの無期限利用制限を食らった!?アカウント復活はあるのか?制限解除方法を徹底解説

手軽に売り買いができるフリマアプリのメルカリ…

もうフリマアプリが確固たる地位を築いてはや数年…

ぼくもぼちぼち購入することもあります!

そんな中、ぼくの友人にメルカリ事務局からきたお知らせ…

お客さまがご出品された商品は、権利者より権利侵害として削除要請がございましたため、該当商品の削除および無期限の利用制限を行いました。
※知的財産権を侵害する行為は違法行為です
現在のところ復帰予定の可能性はございませんので、今後のご利用はご遠慮ください。
※利用制限の判断はメルカリで行っておりますので、利用制限に関する内容は権利者側では回答できません

いったい友人に何があったのか?

触れてはいけないものに手を出してしまった友人の物語…

全て話します…

こちらも合わせて読みたい:メルカリで買った・売った商品が壊れてた!どうしたらいいのか?出品者側から解説します!

メルカリ無期限の利用制限になったらどうする?制限解除は不可能?

正直、もう終わった…と思ったそうです・・・

メルカリを始めて数年が経ち、かなりの商品を売り買いしてきた友人。
それこそ、販売に関しては500件以上やってきて、購入数も150個以上…
この数字だけでもかなりのヘビーユーザーだと感じると思います

そして評価の数も658件、ほぼ高評価です!

ここまで築き上げたものが一瞬にして水の泡になってしまったのです…

なんで無期限の利用制限になったのか?

簡単に言うと、「著作権侵害」にあたる行為をしていたそうです…

実際に取引された商品です

某有名メーカーのステッカーですね

ただし、正規品ではなく、ハンドメイド作品だそうです

そりゃ規制がかかるのは当たり前…

実際、他にも同じような商品を出している人はいっぱいいます
その友人も大丈夫でしょ!って甘い考えで出品してしまったそうです

そして、冒頭にも紹介した文面がメルカリ事務局から送られてきて、その時点で、商品への「いいね」「コメント」「購入」「出品」ができなくなるそうです

これが事実上、アカウントの停止ですね!

無期限の利用制限=アカウント停止

買うことも、出品することもできないので、事実上のアカウント削除と一緒です

いろいろ調べてみても、無期限の利用制限を申告されたアカウントはもう戻らないという話がほとんどでした

しかし!

友人→「ここまでの経歴もあるし、ここでアカウント使えなくなるって悔しすぎる!」

というわけで、友人はどうにかしてアカウント復活できないかと挑戦をはじめた

結果、復活しているので、もし同じ境遇の方がこれをご覧になっていたらぜひ最後までご覧ください

利用制限解除方法

まず、いっておきたいことは、これは完全に犯罪です
そもそも刑を受けるかもしれないほどのことです

みんながみんな利用制限が解除されるわけではありません
あくまで、初めて制限された人や、理由がよくわからない人に関して、復活できるかも…という内容なので、明らかなる犯罪に使っていた人や、複数回警告を受けている方は復活は不可能だという認識です
あらかじめご自身がどのような理由でアカウントが止まっているのか確認してください

事務局に謝罪のメッセージ

誠心誠意謝りましょう!

これは基本です!

  • 自分が何をしたのか?
  • どうしてそれをしてしまったのか?
  • もうこれからは絶対にしません!

この辺はマストで伝えましょう!

この時、友人が送ったメッセージはこちら

先程、無期限の利用制限を受けました。
本当に申し訳ございませんでした。
自分の知識の無さと、出品禁止物に関しての忠告を確認していなかったこととても反省しております。
メルカリ様とはもうだいぶ長いお付き合いで、メルペイもかなり使わせていただいております。今までも、知らずに出品禁止物を出品てしまっていたという事実はございますが、基本的には今回のようなステッカーを売る前までは、自分でも自信を持って合法的にやっていたつもりです。
今回やってしまったことは、今になって、重大さを感じております。
こんなことを書いてもどうにかなるとは思っていませんが、メルカリは僕の中で、一つの趣味でもあり、欲しくても買えなかったものもここで買えるという夢を叶えてくれた場所でもあります。どうか、まだ余地があるのであれば、制限解除を、していただきたいと思っています。
どうか、ここまでの実績をなんとか考慮していただけるとありがたいです。
今後一切、今回のような法を犯すことはしません!ここに誓います。また同じようなことが有れば即退会でも構いません。
相当わがままを言っているのは重々承知の上でお願いします。制限解除をお願いいたします。

規約に同意する

その後、次の日に事務局からきたメッセージがこちら

お問い合わせありがとうございます。
お客さまが出品された商品につきまして、権利を保有する「株式会社◯◯◯◯」より、権利侵害に該当する商品として、法律(プロバイダ責任制限法)に準じて削除依頼がございました。
恐れ入りますが、権利侵害の詳細については、事務局でご案内することが出来ません。
ご不明な点がございましたら上記の権利者まで直接ご確認ください。
本ご案内と権利侵害理由をご理解のうえ、下記の2点にご同意いただける場合は、制限の解除を検討いたします。
1.今後、禁止されている行為・出品物に該当する取引は行いません
2.メルカリの禁止されている行為・出品物を確認のうえで利用します
禁止されている行為
https://www.mercari.com/jp/help_center/getting_started/prohibited_conduct/
禁止されている出品物
https://www.mercari.com/jp/help_center/getting_started/prohibited_items/
お手数ですが、「同意する」または「同意しない」のいずれかを明確に記載のうえ、改めて事務局までご連絡ください。

この案内は、復活する可能性を感じますね

やはり、メリカリ側も利益を求める会社です
少しでも売り上げを上げられる可能性があれば人間的な判断を下してくれるようです

その後、友人が送ったメッセージがこちら

お世話になっております。
◯◯◯◯です。
返信ありがとうございました。
>下記内容をご確認のほど宜しくお願いいたします。
1.今後、禁止されている行為・出品物に該当する取引は行いません
2.メルカリの禁止されている行為・出品物を確認のうえで利用します
上記2点に関して
同意します。
今後とも宜しくお願いいたします

利用制限解除

そしてまた次の日、

このたびは事務局からの案内に対し、ご理解・ご同意いただきありがとうございます。
お客さまのご連絡をもとに慎重に検討させていただいた結果、今回に限り利用制限の解除を行いました。
利用制限に伴い事務局で削除したすべての商品について、「再出品」などの個別対応は行っておりません。
お客さまご自身で再出品をしていただきますようお願いいたします。
なお、再度違反行為を確認した場合は、利用停止などの厳しい措置を行う可能性がありますので、ご注意ください。
今後はメルカリのルールをお守りいただいたうえで、末永くご利用いただけますと幸いです。
皆さまに安心・安全にご利用いただくため、ご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。

ーーーーーーーーーー
株式会社メルカリ
ーーーーーーーーーー

というわけで、無事、アカウントが元に戻ったというわけです

出品していた商品は全て削除されてしまったそうですが、それはしょうがないですね!

完全に今回はこの人の責任なので…

というわけで、友人はまたここから積み上げていこうと、規約違反のないようにまたメルカリを有意義に使っていこうと再起した感じですね!

どこに問い合わせするの?

そうそう!ここまで、事務局とのやりとりを公開しましたが、実際にどこからやりとりをすればいいかわからない人が多いのも現実です

その結果、ネットの情報のみをみて、もうアカウントが復活できないと諦めている人も多いのではないでしょうか?

フリマアプリやオークションアプリに関しては、お問い合わせがないのが特徴です!

ないわけではありませんが、基本は、お問い合わせといいつつ、BOTが質問に自動で答える機能がほとんど…

電話番号も出てきません…泣

でも実は問い合わせはあるんです!

メルカリ事務局に問い合わせる

メルカリマイページ

【お問い合わせ】

【お問い合わせ項目を選ぶ】

【アプリの使い方やその他】

【その他】

ここまでくると、【商品ID】と問い合わせ内容を入力するところがあります

※取引中に何かトラブルがあって、ここに質問するときは、その商品のIDを入力して問い合わせれば話がスムーズにいきます!

今回のような問い合わせの場合は、商品IDの所は空欄でかまいません!

まとめ

正直この内容は公開するか悩みました…

実際に、悪いことをして復活していたら、ずっと健全に利用している人たちに嫌な思いを与えてしまう…

でも、実際に同じような過ちを犯し、それでも会心して健全に利用をしたいけどできなくなってる人がたくさんいる

ぼくは、メルカリで夢を叶えたといっても過言ではありません

昔手に入らなかったものを購入出来たり、ビジネスとして、利用することもできた。

そんなメルカリが使えなくなることはとっても悲しいこと!

きっと同じ思いの人がいるはず…

だから意を決して公開しています

メルカリは一度、利用制限されると2度と使えなくなってしまうのです。

だから、この記事を読んで、少しでも再開出来る人が生まれてくれると嬉しいです

 

 

1 Comment

現在コメントは受け付けておりません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。