喪服がない!葬式に着ていくベストな喪服のマナー

喪服って持ってますか?

お葬式は突然やってきます

ギリギリになって喪服の準備をしていないとなるとかなり焦ってしますので、不謹慎かも知れませんが、社会人として、喪服の準備はしておきましょう

関連記事:お葬式に行けない!香典を送ればいいか?手紙を送ればいいのか?いけなかった時のマナーまとめ

そこで、喪服のマナーが大切になってきます

喪服はおしゃれを意識するものではありません

喪服の選び方から徹底解説!

1分で読める内容にまとめていますので、隙間時間でサクッと読んでください

喪服がない!葬式に着ていくベストな喪服のマナー

葬儀はファッションを楽しむようなシーンではりません

故人を見送るためにどんな服装が適しているのか、考えていきましょう!

喪服の色は?

正喪服や準喪服として黒い色の服を選ぶことが基本です

持っていない場合には、黒い色や紺色、灰色といった色を選ぶようにします

柄物は避ける

柄が入っているものはできれば避けたいものです

モノトーンの柄であれば派手には見えないかも知れませんが、基本的には無地のものを選びましょう

色柄ものはもってのほかです…

突然訪れるものです

訃報というのは突然聞くことがほとんどないです

そのたびに買い足したり、その都度購入するのは難しいですよね

ゆっくり選ぶほどのものではありませんが、いつ何時、身の回りで訃報があった場合にすぐに対応できるように準備しておくことも社会人として人用不可欠なことなのではないでしょうか

冬の寒い時の場合

もしも冬に葬儀に参列しなければいけないことになった場合…

コートを買うとなると、そう安いものではありません

どうしても黒系のコートが準備できないのであれば、色物でも大丈夫です!

その代わり、会場ギリギリ手前で脱いで、ちょっとだけ寒さに耐えてください。

関連記事:お通夜って何をするの?通夜の流れを知りたい|意味やマナーを徹底解説|友引注意!

ベストな喪服

一番ベストな喪服とは?

◆黒の長そでのスーツがベスト

◆パンツスーツなども今女性は履いていることが多いですが、喪服の場合には、スカートを選びましょう

◆スカートやワンピースとボレロやジャケットのアンサンブルを着るということが一般的です

◆露出も少なく、ラメや光っているような素材のものは避ける

◆黒のストッキング

◆パンツスーツでも、葬儀に出てもいいのですが、デザインは地味なものを選ぶ

◆中にシャツを着ると思いますが、シャツも黒を選ぶ

これはNG

喪服として一番ダメなスタイルとしては、夏の葬儀で半そでやノースリーブを着てくる人がいますが、真夏であっても、ジャケットを羽織って肌の露出を避けましょう

2 Comments

現在コメントは受け付けておりません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。