分割・後払いできるオンライン決済の「Paidyペイディー」の使い方・使えるお店|支払い方法

今回は私がしょっちゅう使っている最強ツールのご紹介です

「Paidy」

なんて読むのって感じですかね?

「ペイディー」です!

超簡単爆速で説明すると「クレジットカードのいらない分割払い・後払いできるオンライン決済」です

今回の記事を読んだ方がいい人はこちら

  • ネットショッピングをよく利用する人
  • クレジットカードは使いたくないけどネットでお買い物をしたい人
  • 後払いで買い物をしたい人
  • 分割払いで買い物をしたい人

2020年現在、オンライン決済はたくさんの方法が存在します。

何を使っていいのか?正直正解はないので自分に合ったものを使いたいですね!

先にご紹介するとこのPaidyはあのAmazonでも使えます。

筆者の私はAmazonでの買い物は全てこのPaidyで支払いをしています。

その私が「Paidy」に関してわかりやすくご説明いたします

【衝動買い注意!】分割後払いできるオンライン決済の「Paidyペイディー」の使い方・使えるお店|支払い方法

他社のサービスによくある、事前登録やクレジットカード登録などの面倒な作業をなくしたPaidy

速い、安心、簡単の3つが揃ったオンライン決済サービスPaidyを、今回はとことん掘り下げていきます!

Paidyの概要

Paidyとはオンラインでの翌月払い決済が可能なサービスで、株式会社Paidyが運営しています

オンライン決済が普及するなか、その人気度は徐々に高まってきています

20~30代は、ほぼネット通販を利用した経験があるといいます

そしてカードローンなどの利用率も20~30代が中心

需要と供給のバランスが整っているので、特に20~30代のPaidy利用率は加速しています

オンライン決済サービスのPaidyを利用することで翌月払いができるため、借金を抱える前になんとかなるかもしれません。

他にも個人情報の安全性が問題化しているなかで、Paidyはクレジットカードの番号入力がありません

個人情報が守られるほか、操作性が一気に簡単になります

若者だけでなく、インターネットでクレジットカードの番号を入力することに抵抗のある世代にも、Paidyがおすすめです

さっと買い物を済ませたいという時間がない人も、Paidyは利用しやすい決済ツールですね!

Paidyの特徴は?

Paidyの特徴は分割で払うことができるという点、そしてなんといってもクレジットカードを所有していなくても使えるサービスであるという点ですね!

従来のオンライン決済サービスは、後払い機能はあっても一括払いでした

それがPaidyでは、15,000円以上の購入で分割払いが適用されます

しかも、該当月(請求月)の間であれば申請は可能

※2020年6月の時点でAmazonでのお買い物には分割対応していませんでした

そのため翌月の経済面を考える必要や、金額の高い買い物でも身構えずに購入できるのです

他にも、定期的に提携しているお店とキャンペーンを開催しています

参加条件は、指定の日時までに商品購入をするだけ。1000円分くらいの高額なキャッシュバックが期待できるので、お気に入りのお店は確認しておくことをおすすめします

ちょっとここでニュース!

2020年1月にメルカリを利用した、Paidy(ペイディー)翌月払いの詐欺が発覚しました

騙す前提で相場より安くゲーム機などをメルカリにカラ出品し、落札されてからビックカメラなどで落札者名義で購入し、直で発送されるという手口

落札者は当然不審に思いますが、新品の商品が届いたので満足し受け取り連絡してしまいます

手口は単純な取り込み詐欺ですが、Paidyを利用していなくても、メルカリの落札者に請求が行くのは、システムの不備ですね

この詐欺にあわない手段はただひとつです

配送の方法が不明や定形外、ゆうパックなど住所を公開しなければいけない発送方法で出品している出品者から買い物をしないことです

匿名配送にするだけで、騙す前提の出品者に住所を知らせることがないので排除することができます

今現在、順次対策は取られているようです。


それでもPaidyは便利なオンライン決済ですので

  • 利用した分をしっかり把握する
  • 計画的に使う
  • スマホのセキュリティーをしっかりする

上記のことを意識すれば超便利に使えるシステムであることには違いありません

※事実筆者は何の問題もなく使い続けています!

メリット

  1. クレジットカードがいらない
  2. 後払いできる
  3. 分割払いできる
  4. ブラックでも利用可能※

上でも説明した通り、クレジットカードがいらないのが一番のメリットです

オンライン決済で多いのはクレジットカードやキャッシュカードを登録してそこから引き落としになるようなものがほとんどです

その場合、まずクレジットカードを持ってない人は利用できませんし、クレジットカードの情報を登録することに抵抗がある方は嫌ですよね?

それから分割払いも通常であればクレジットカードでの支払いが基本です

クレジットカードがなくても分割できるシステムは他にはなかなかないサービスですね

※ブラックでも使えるというのは100%ではありませんが、過去に「任意整理」をしている人や、クレジットカードの支払いが滞ってしまった経験のある方でも使えている実績があります
おすすめするわけではありませんが、そういう方でも使えるという情報として受け取ってください

Paidyを始める

Paidyの使い方は超簡単

  1. 公式サイトからアプリをダウンロード
  2. メールアドレス、電話番号等の登録
  3. ログイン
  4. 認証コード
  5. 審査
  6. 利用開始

Paidyのビッグシステムによって、審査はほんの数秒で終了します

この速さのおかげで手続きの煩わしさがなくなります

クレジットカードの番号入力もなく審査されるのでカードがない人でも使えるのがPaidyの最大の特徴ですね

支払い方法

コンビニ翌月払い

毎月1日の13時に利用金額がまとめられます

その後1日~3日程度で、Paidyからショートメッセージが送られてくるので10日までにコンビニで支払い

※コンビニを利用する場合は、別途支払手数料350円がかかります

銀行振り込み・口座振替

銀行振り込みの場合は振り込み手数料が発生します

ただし利用する銀行によって振り込み手数料の金額は変化するのでご自身の利用する銀行で確認をしてみてください

口座振替の場合、手数料はありません

※筆者は口座振替を利用しています

口座振替は申請が必要です

アプリの中のMy Paidyから口座振替の申請をしてください

口コミ

速い、安心、簡単の3つが揃うPaidyですが、実際の評価も参考にしてみましょう。ここではTwitterやInstagramなどのSNSから、Paidyを実際に利用している人の口コミを集めてみました。

6月までの消費者還元にも対応いてたんですね!

Paidyが使えるショップ・サービス

利用店舗の拡大がどんどん進んでいるPaidy。現在、SHOPLISTやBUYMAといった有名なファッション通販サイトからしょうがざんまいなどの食品販売サイトまで、なんと60万店舗以上で利用可能です。

主な加盟店はアパレル系ですが、今後は他の業種に向けてさらに提携店舗を拡大していくので、Paidyがさらに利用しやすいサービスになるでしょう。

まとめ

ちょっとした事件もあったこのPaidyですが、使い方を間違えなければ心配するようなことはないと思っています
もちろん筆者の個人的な意見がほとんどなので、利用を開始する前にしっかり検討はするべきです
ちなみに私はこの決済はAmazonとReebokのオンラインショップの2店舗でのみ使い続けています。特に何のトラブルもありません
口座振替にしているので余計な手数料もありません
この先このPaidyがどのように広まっていくのか楽しみです
ではまた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です